電話代行サービス

投稿者: | 2017.03.01

起業する際は、顧客から依頼を受ける窓口が必要になります。その窓口に置く受付の代わりをするのが、電話代行サービスです。社内と社外の連絡係として導入することができますが、電話代行サービスを導入すれば、オペレーターがいらなくなるため人件費の削減になることがあります。

新入社員を雇った場合などは、事務的な教育や電話応対の基礎などを教え込む必要がありますが、電話代行サービスのオペレーターの場合、すでに基礎的なことができているので、改めて教育の必要はなく丁寧な応対が期待できます。このサービスを依頼する側としては、従業員教育の手間を省くこともできます。

基本的な電話代行サービスの内容は、受付のオペレーターが、会社の顔に成り代わって電話対応するというものです。社員が在社している場合や必要でないときは、一時的に電話代行サービス会社側の電話対応をストップすることも可能です。そして、再び電話代行サービスを利用する場合は、サービスを再開するだけで済むのです。再開のための手続きなどは必要ないことが多く、切り替えも簡単にできます。

社内に従業員がいる場合でも、何か仕事をしているときに電話がかかってきたりすれば、そこで仕事を中断しなければならず効率も悪くなります。しかし、電話代行サービスを利用すると、このような仕事の中断を避けることができます。従業員が足りない会社は、電話代行サービスを取り入れることで人手不足をカバーすることも可能になります。